取り立ての停止や支払いの中断、借金の減額など司法書士には様々なことが可能です。

司法書士のできること

 

債務整理で頼もしい存在の司法書士ですが、具体的にどんなことが出来るでしょうか?

 

 

取り立て停止

まずは、取り立て停止です。

 

債権者からの取り立てを一時的に停止させられるのです。

 

支払日が近付くと、電話でしつこく催促されたり、家まで押しかけてくるケースもあるでしょう。
怖い思いをしている人も居るはずです。

 

そんな借金の取り立てを停止してくれるのが司法書士なのです。
身の危険を感じたら、すぐに相談するようにしましょう。
何かあってからでは遅いのです。

 

給与の強制的な差し押さえ、家財道具などの差し押さえ、
そのような強硬手段を止めるのにも利用できます。

 

 

 

支払いの中断

次に、支払いの中断です。

 

司法書士に依頼して債務整理を行ってもらう場合、借金の支払いをしなくてよくなるのです。
もちろん、借金が無くなる訳ではありませんし、ずっと中断できる訳ではありません。

 

しかし、3ヵ月~半年程度支払いを中断できるのは、非常に大きいメリットとなります。

 

中断している間は、貯蓄を行いましょう。
少しでもお金を貯めて、司法書士への報酬と債権者との和解金を集めるのです。

 

 

 

借金を減額

他にも、借金を減額することが司法書士には可能です。

 

どのような方法かと言うと、利息上限法で計算し、過払い金が無いかを判断するものです。
法律で決められた利息を上回るお金を取られていたら、その分を返還してもらえるのです。

 

長期間の返済を行っているほど、高額の過払い金がある可能性があります。
これを返還してもらえば、数十万円、あるいは数百万円のお金が戻ってくるかもしれません。

 

 

 

借金の利息を0に

司法書士に債務処理、つまり任意整理を依頼した場合は、借金の利息を0にできます。

 

借金していると利息が発生します。
多重債務者の人は、利息を払うだけで精いっぱいで、
延々と利息を払い続けるような人も居るでしょう。

 

ですが、任意整理を行えば、利息を0にした上で、借金返済を行えるのです。
元金を返済するだけですから、少しずつ返済すれば確実に借金を無くせます

 

 

 

おすすめする女性

司法書士の事務所によっては、減額報酬を貰わないところがあったり、
無料相談をしていたり、様々なサービスを行っています。

 

状況に合わせて、一番良い司法書士に相談するようにしましょう。

 

司法書士はどんな時に役立つのか?