司法書士は各種手続きや交渉を行ってくれますが、行政書士は債務整理のアドバイスだけしかできません。

司法書士と行政書士の違いとは?

 

疑問を持つ男女

 

司法書士行政書士、普通の日常生活を送っていると、
明確な違いが分からない人も多いでしょう。

 

似たような名前なのも紛らわしいと感じると思います。

 

 

大きな違いは、
司法書士債務整理のアドバイスや手続き、場合によって債権者との交渉を行ってくれます

 

しかし、行政書士の場合は、債務整理のアドバイスのみしか行えません
実際の手続きや債権者との交渉には関与できないため、
全て自分でやらなくてはいけなくなります。

 

これが司法書士と行政書士の明確な違いとなります。

 

 

債務総額に関わらず対応でき、訴訟についても制限を受けていないのが弁護士です。
あらゆる状況に対応できるため、債務整理では最高に強い存在だと言えます。

 

 

次に司法書士ですが、弁護士と比べると権利が少し弱くなりますが
少額の借金案件であればほぼ同等の権利を有しており、費用が安い民間人の味方と言えるでしょう。

 

 

行政書士は、債務整理のアドバイスをするだけの相談者と見るようにしてください。
司法書士のように、手続きや交渉の代行はしてくれませんので、間違えないようにしましょう。

 

 

もし、費用を最低限に抑えるために手続きを自分で行いたい人は、行政書士に相談すると良いです。
司法書士よりもさらに安価で相談に乗ってくれるでしょう。

 

行政書士の中には、司法書士よりも債務整理に詳しい人が居る場合もあるので、
いろいろな人へ相談してみてください。

 

作成した資料に不備が無いかのチェックに行政書士の力を借りるのが最適だと言えます。

 

 

難しい手続きは避けたい、仕事で忙しいと言う人は、
多少費用が掛かっても司法書士へ依頼する方が結果的にうまく行くことになるはずです。
役所で行う手続きは非常に手間が掛かりますし、時間が無い人は素直に誰かを頼りましょう。

 

 

基本的には、債務整理で行政書士の力を借りるのは稀だと考えてください。

 

債務整理で悩みがあるなら、弁護士か司法書士へ相談する方が手っ取り早い対応が期待できます。
特に取り立てや差し押さえに怯えている人は、すぐに手続きを開始してくれる方がよいはずです。