事務所によって異なりますが、相談は無料で任意整理は3万前後の費用が発生します。

司法書士に依頼する費用

 

お金と財布

どんなに頼りになる司法書士でも費用が莫大では気軽に相談できません。
では、具体的にどの程度の費用が発生するのかを見てみましょう。

 

 

相談だけなら無料のところが多い

そもそも、債務整理の相談だけなら無料で行ってくれるところが多いです。

 

司法書士がすぐに参入しなければいけないほど切迫している状況なのか、
それとも少しの調整で安定した返済が可能になるのか、相談で確認してみると良いでしょう。

 

借金の状況を周囲の人と比べるのは非常に難しいことだと思います。

 

比較対象がいないため、自分がどのぐらい追い込まれているのか気付けないのです。
それが理由でどんどん悪化してしまうケースがあるので、無料相談を受けるのをおすすめします

 

 

 

任意整理の費用

次に、任意整理の費用ですが、金融会社1社につき2~4万円程度の金額で請け負ってくれます。

 

複数の会社から借金している場合は、
1社の費用が1~3万円程度に割引きされることもよくあります。

 

利息上限法に合わせて借金を減額してもらえたり、取り立てを停止してもらえたり、
今後の利息を0にしてもらえるなどのことを考えると、
この費用は非常に良心的な金額だと言えます。

 

何もしなければ数十万円、数百万円の返済が必要になるのを数万円の費用で回避できるのです。

 

 

 

過払い金は別途成功報酬が必要

また、過払い金が発覚した場合は、費用を上回る収入になる可能性もあります。
そうなれば、借金の減額に加え、司法書士への報酬を差し引いてもおつりが返ってきます。

 

過払い金の返還請求を行うと、別途成功報酬として費用が必要になりますが、
些細な金額なので問題ありません

 

 

 

その他の借金整理の費用

 

個人再生は30万円前後

個人再生の依頼になると、依頼料金は莫大になります。
費用は30万円前後かかると考えておきましょう。

 

個人再生は、半年程度時間がかかる長期的な対応のため、
金額としてはそこまで割高ではないです。

 

これも費用以上のメリットが存在しているので、
個人再生が必要な場合はどうにかお金を捻出しましょう。

 

 

自己破産は20万円前後

自己破産する時の費用は、債権者となる会社数により変動するようです。
20万円前後の費用がかかると考えてください。
自己破産すれば、借金の金額に関わらず0に出来るので、安い出費でしょう。

 

 

 

事務所によって違うため、司法書士へ相談して料金を聞いてみるようにしてください。