『自己破産』は将来を見つめ直したうえでの決断なので、決して後ろ向きな行為ではありません。

最終的な手段として

 

債務整理の最終的な手段として、『自己破産』をお考えの方もいらっしゃると思います。

 

我々がお手伝いできる中でも、もっともお力添えできる分野かと思います。

 

もちろん、過払い金請求や個人再生の道を探った結果の最終手段となりますが、将来を見つめ直した上のご決断として、お手伝いさせいただきたいと思います。

 

>>自己破産以外の解決方法、民事再生について

 

この手段を選ぶ上で、最も大切にして欲しいことは『前向きな将来設計』です。
既に多くの借金を背負い、心身ともに疲弊されている方がほとんどだと思います。

 

 

それは周りで支えるご家族の方も同じはずです。
会社をご経営の方は、やるせない気持ちでいっぱいになってしまうこともあるでしょう。

 

 

中には、自殺にまで追いやられてしまうほど、精神的に圧迫されている人もいらっしゃるでしょう。
しかし、自己破産は決して後ろ向きな行為ではないということをお分かりいただきたいのです。

 

前向きに自己破産

新たな一歩を踏み出すための、勇気ある行動だと思っています。
あくまで気持ちは前向きに、しっかりと債務整理・自己破産と向き合っていただきたいと思います。

 

 

1からのスタートとなると思いますが、この先の将来が明るく輝いたものになることを願っております。