過払い金による借金の減額や、利息を免除する事で借金を減らす方法を取るのが一般的です。

債務整理の種類「任意整理」

 

「任意整理」とは、借金を整理する「債務整理」の方法のひとつです。

 

任意整理とは、裁判所などの司法所を通さずに、借金の貸主と借主同士で話し合って借金の減額について相談しあう事です。

 

「任意」というのは「お互いの意思で」ということなのです。

 

任意整理は借金の貸主と話し合うことにより、借主の借金の減額を求めて、借金の負担を軽減することを目的としています。

 

任意整理を行うときは、借金をしている本人ではなく、その代理人である弁護士や司法書士が借金の貸主と話し合いをするのが一般的です。

 

負担を抱えている男性

また、裁判所などに行く必要が無いので、借金の借主の負担が軽い事もメリットとしてあげられます。

 

しかし、任意整理が成立するのは、借金の貸主が納得し、認めなければ成り立ちません。

 

借金の貸主の金融業者と交渉する力が強い弁護士や司法書士に任意整理を依頼する必要があります。

 

例えばA弁護士とB弁護士とでは、金融業者への交渉力が異なれば、任意整理の結果が異なってきます。

 

任意整理の始まりを伝える「受任通知」が弁護士や司法書士から金融業者に届くと、和解が成立するまで借金の支払いをストップさせる事が出来ます。

 

借金の借主は、弁護士や司法書士に任意整理を依頼してから和解が成立するまで、特にやるべき事はありません。

 

借金の減額は今までの金利を返還してもらう事が出来る「過払い金」による借金の減額や、利息を免除する事で借金を減らす方法を取るのが一般的です。

 

任意整理は自己破産とは異なり、自分の資産である家や車などを残したまま借金を整理する事が出来ます

 

任意整理を行うと、いわゆるブラックリストという金融の信用情報機関に登録されてしまいますが、自己破産より短い期間で済むといわれています。

 

ブラックリストに登録されている間は、クレジットカードを作る事や新たなローンを組む事が出来なくなります