司法書士には様々な資格がありますが、基本的には弁護士よりも弱い立場に居るのです。

司法書士の資格

 

債務整理を行う上で、司法書士が持つ資格とは何があるでしょうか?
何が出来て何が出来ないのかを知れば、債務整理の相談を行うかどうかの判断基準になります。

 

 

そもそもの話、弁護士には債務整理で出来ないことはありません
どのような案件でも、あらゆる対応手段を行使する資格を持っています。

 

それに対して、司法書士には様々な部分で制限が掛かっています

 

弁護士と司法書士を比べると、司法書士にしか出来ないことは1つも無いのです。

 

 

まず、司法書士を頼るメリットとは?

グッドサインをだす女性

 

資格という面では、弁護士よりも弱い司法書士ですが、
その上で司法書士を頼るメリットがあります。

 

費用が安い

まずは、費用が安いことです。
債務整理を行う際の出費は、出来るだけ節約したいのが人情です。

詳しい費用についてはこちら

 

相談者の立場になって考えてくれる

次に、相談者の立場になって生活や返済計画を考えてくれるのも司法書士ならではの特徴でしょう。

 

 

借金の金額が少ないなら、費用が安くて対応が親切な司法書士が適しており、
借金が多い場合は、弁護士に相談することになってきます。

 

資格面で負けている司法書士に、
何もメリットが無い訳ではありませんので覚えておきましょう。

 

 

 

司法書士にある資格

司法書士にある資格とは、まず債務総額の上限です。
総額が140万円以下の場合でなければ司法書士は具体的な手続きを行えないのです。
これを超えない場合は、司法書士が自由にできるので依頼する方が良いです。

 

 

また、各種交渉を行う際に交渉代理権が必要になるのですが、
これも債務総額が140万円以下でなければ司法書士に代理権がありません。
金額が高いと司法書士が行使できる資格はどんどん少なくなるのです。

 

 

さらに、訴訟代理権というのにも制限があり、
これは簡易裁判所の場合のみ司法書士は資格を有しています

 

つまり、地方裁判所で裁判を行う案件では、司法書士は活躍できないのです。
個人再生や自己破産は、地方裁判所の管轄になるため、司法書士は手続きが行えないのです。

 

 

もちろん、資料の準備を手伝ってもらうことは可能なのですが、裁判所の手続きを個人で行うのは大変でしょう。
目的に合わせて弁護士に相談するか、司法書士に依頼するのか変わるのです。