債務整理に強い司法書士があなたのパートナーになります!

司法書士と弁護士

 

債務整理を行う際、司法書士と弁護士、どちらに相談をするべきか?

というご質問を度々受けます。

 

 

そこで、この違いについてみていきたいと思います。

 

 

まず、司法書士は140万円以下の案件の交渉権と簡易裁判所の訴訟代理権を持っています。
ですから、140万円以下の個人の債務整理は、司法書士で問題なく解決します。(裁判所への申し立てをしない場合)

 

 

しかし、逆から見た場合、140万円以上の案件では、司法書士よりも弁護士を雇う方が良いと言えます。
弁護士は地方裁判所への訴訟代理権がありますので、あらゆる事案に対処してくれます。

 

弁護士と司法書士

また、サラ金業者から過払い金の請求をする場合なども、どちらかというと債務整理の弁護士の方が有利にことが進むようです。

 

 

単に債務整理をするのであれば、どちらでも大差ないと言えますが、サラ金業者の中では少し違いがあるようです。

 

 

どちらかというと、司法書士は甘く見られがちで、弁護士には一目置いているといった雰囲気です。
過払い金の請求やその他債務整理に関しても、弁護士を立てた場合は、消費者金融業者の方が言いなりとなってしまうこともあるようです。

 

 

まずは、自分がどちらの案件に属するか、どちらが有利にことが運ぶかなどを考慮しながら相談するのが良いといえます。