地域に密着している司法書士だからこそ、より具体的に相談者の生活や返済計画を提案してくれます。

どんな時に司法書士は役立つ?

 

債務整理を行う際に、専門家の知識はとても頼りになります。

 

専門家には、弁護士や司法書士などがありますが、
弁護士に依頼するのは、高額な報酬を支払うイメージがあるのではないでしょうか?

 

実際、司法書士よりも弁護士の方が費用は高くなります。

 

状況によっては弁護士に依頼しなければ解決しない時もありますが、
ここで司法書士のメリットを解説します。

 

 

司法書士のメリット

まず、司法書士に債務整理を依頼するメリットですが、
債権者からの取り立てを停止させることができます

 

これは一時的なものですが、
債務整理で状況をまとめる間は、取り立てや差し押さえができなくなるのです。

 

 

次に、債権者との和解交渉は、司法書士がやってくれます。

 

債権者に会って、返済が出来ないから待ってくれと言うのは精神的に辛いことでしょう。

 

これを第三者である司法書士がやってくれるのは、
借金をしている人にとって非常に助かることです。

 

 

債務の残額に利息を付けないで、3年~5年の長期間の分割払いを可能にしてくれます。
利息が付かないので、少しずつ返済していけば確実に元金を無くせるのです。

 

 

司法書士は、債務整理の専門家のため、過払い金があれば計算してしっかりと回収してくれます。
この計算から手続きまですべて行ってくれるので頼りになるでしょう。

 

 

スーツの男性

 

 

少額の借金なら、迷わず司法書士に依頼するのが良いです。
地域の金融機関との繋がりも持っているため、話を通しやすいのも頼れるポイントです。


 

また、親しみやすい空気と手厚いサービスも司法書士ならではでしょう。

 

地域に密着しているからこそ、相手の生活や返済計画により具体的な提案をできるのです。
決まったお役所対応ではなく、1人1人の状況に合わせて解決策を出してくれるでしょう。

 

 

仮に司法書士の範囲を逸脱する相談であっても、どこへ行けば良いかアドバイスをくれます。
迷っている時間があるなら相談しに行きましょう。

 

問題なく借金を返済できる目途が立っているなら良いですが、
そうではないのなら、今すぐ借金返済のために行動してください。