金融信用情報機関以外にも「官報」という国や政府の機関紙に名前が掲載されます。

債務整理の種類「個人再生」

 

「個人再生」とは簡単に言うと「任意整理」と「自己破産」の中間にあたる方法です。

 

自己破産のように裁判所を通して借金を減額する手続きを行いますが、任意整理のように、自分の資産である家や車を手放す必要が無く、定められた金額を3~5年で支払う必要があります

 

個人再生を行うには、借金を返済する義務が生じる為「返済能力があると認められる」こと、要するに「一定の収入があること」と、「借金の総額が100万以上~5,000万円以下」であることが条件になります。

 

個人再生は、裁判所を通した法律に基づいた手続きなので、任意整理に応じない金融会社にも効果があります。

 

また、個人再生を行う事により債務整理される金額が決まっています。
その金額は「最低弁済額」と言い、「最低限支払うべき金額」となります。

 

100万円~500万円以下なら100万円、500万円~1,500万円以下なら借金の金額の1/5、1,500万円~3,000万円なら300万円、3,000万円~5,000万円なら借金の金額の1/10になります。

 

この定められた金額を3~5年で返済する事が出来なければ、個人再生自体が取り消しになり、元の借金の総額を支払わなくてはならなくなってしまいます。

 

個人再生を行う場合、手続きがとても複雑なので、弁護士に頼む事が必須になります。
弁護士に頼むとそれに対する費用は高額になる事もあります。

 

しかし、仮に自力でやり遂げようとした場合、ほとんどの人が挫折し、その分のお金と時間を無駄にしてしまうので、おすすめしません。

 

債務整理を行うと、どんな方法をとっても必ず金融機関が管理する「信用情報」に「事故情報」として登録されます

 

個人再生はそれ以外に「官報」という国や政府の機関紙に名前が掲載されます
そのため官報を見ている人には個人再生を行った事がバレてしまいます。