クレジットカードを新たに作ったり、新たなローンを組む事が難しくなります。

債務整理のデメリット

 

債務整理は、「債務(借金)を整理すること」です。

 

債務整理には、裁判所を通さずに借金をした「債務者」と金融業者の「債権者」の双方で話し合いをし債務整理をする「任意整理」、裁判所に申し立てをし、借金を最大1/10にして、その金額を3~5年で完済する「個人再生」、借金を免責(帳消し)にする事が出来るが、財産を処分しなくてはならない「自己破産」があります。

 

債務整理には「借金を減額、もしくは免責」することができる大きなメリットがありますが、デメリットも存在します。

 

債務整理を行ううえで一番大きなデメリットは「ブラックリストに載る」ことです。

 

「ブラックリスト」はあくまで「通称名」であり、ブラックリストと言うリストは存在していません

 

ブラックリストと呼ばれるものは、金融業者が閲覧する事が出来る「金融信用情報機関」に「事故情報」として掲載された事、を指しています。

 

債務整理を行った場合、債務整理の種類にもよりますが、大体5~10年はその「事故情報」が掲載されたままになります。

 

「事故情報」が掲載されたままだと、クレジットカードを新たに作ったり、新たなローンを組む事が難しくなります。

 

債務整理は手続きが複雑だったり、金融業者と直接話し合いを持たなければいけないため、多くの場合は弁護士や司法書士などの債務整理に長けた専門家に依頼するため、その費用がかかります。

 

費用はその弁護士や司法書士によって様々ですが、一番手続きの複雑な「自己再生」は他の債務整理よりも多くの費用が必要になる場合があります。

 

債務整理を行うと、申立人の債務は整理されますが、保証人がいた場合は、保証人の債務は残ったままなので、金融業者から請求がいきます。

 

そのため、保証人がいる場合は、保証人とともに債務整理を行う必要があります