債務整理を行う大きなメリットは、借金を減額させることができることです。

債務整理のメリット

 

債務整理とは、「債務(借金)を整理すること」です。

 

債務整理には裁判所を通さずに債務者と金融業者の双方の話し合いで借金を減額させる「任意整理」、裁判所を通して借金の残額を最大1/10まで減らし、その金額を3~5年で返済する「個人再生」、裁判所で債務者と金融業者で借金免除などの条件を出して和解をする「特定調停」、全ての借金を免除し、財産も処分する「自己破産」の4種類があります。

 

このような債務整理を行う大きなメリットは、「借金を減額できる」ことです。(自己破産は全ての借金を免除する事なので、少し異なります)

 

そのため、今までのように借金に悩む事も、支払いに悩む事もありません。
生活も今までよりも向上させる事ができるでしょう。

 

また、金融業者との話し合いが済んでいるわけですから、(もしくはこれから話し合いをするわけですから)借金の返済を催促する電話などもかからなくなります

 

自己破産は財産を失うので他の人に知られてしまう可能性がありますが、債務整理を行った事実を他の人に知られてしまう可能性はほとんどありません。

 

「個人再生」は「官報」とよばれる国や政府の出している機関紙に名前が載りますが、一般の人はほとんど見ないので、気にする必要は無いでしょう。

 

自己破産以外は、借金の原因を問われる事もありませんし、家や車などの資産を失うことなく債務整理を行う事ができます。

 

債務整理はその種類によってメリットとデメリットが少しずつ異なってきます。

 

債務整理を行う際には、どの債務整理が自分に合っているか、専門家である弁護士などに相談してみるとよいでしょう。

 

弁護士によっては相談料を無料で行っている場合もあります
なおかつ、債務整理に長けた弁護士を選んで相談してみましょう。