どうしてもお金に困ったら、国の制度である「生活福祉資金貸付制度」を利用する手段があります。

債務整理後の借り入れ

 

債務整理とは、「任意整理」、「個人再生」、「自己破産」などの手続きを行い、借金を減額したり、免責(免除)したりする事です。

 

債務整理を行うとどんな方法であれ、必ず「ブラックリスト」と呼ばれるものに載ります

 

一般的に「ブラックリスト」と呼ばれているものは、金融機関が保有する「全国銀行個人信用情報センター(通称KSC)」や「株式会社 シー・アイ・シー(CIC)」や「株式会社日本信用情報機構(JICC)」などの「金融信用情報機関」に「債務整理を行った」という「事故情報」が掲載される事です。

 

債務整理の種類にもよりますが、「債務整理を行った」という事故情報は5~10年ほどは掲載されたままになります。

 

ブラックリストに載ってしまうと、新たなクレジットカードの発行や、新たにローンを組む事が難しくなります。

 

また、ブラックリストの掲載期間が過ぎても貸付を行わない金融機関もあります

 

しかし、金融機関によっては現状の収入状況や勤務先などを考慮して貸付を行う金融機関もあるので、「絶対に無理」というわけではありません。

 

しかし、中には「闇金」のようにブラックリストに載った人を狙って法外な利息をつけて貸付をしている金融業者もあるので、新たなローンを組む場合には細心の注意が必要です。

 

どうしてもお金に困ってしまったら、国の制度である「生活福祉資金貸付制度」を利用する手段があります。

 

生活福祉資金貸付制度とは、ローンを組めない人に、無利子か低い金利でお金を狩生事が出来る公的な制度です。利用したいときは、自分が住んでいる地域の「社会福祉協議会」に相談をしてみるとよいでしょう。

 

また、債務整理を依頼した弁護士や司法書士などに再度相談をし、生活に支障が無い程度に返済を行う事が出来ないか検討してみる、という手段もあります。